家族で満喫!志摩ロードパーティ虎の巻!

楽しみ方は無限大

多彩な種目で、いろんな楽しみ方ができる志摩ロードパーティ。
大会前後を含めた楽しみ方、お得な参加方法を、参加レポ風にご紹介します。

食も!観光も!家族旅行に最適!

家族旅行を兼ねてエントリー! マラソンを始めて2年の志摩雄一さんは昨年、都心部の大規模マラソンにも出場してちょっと自信をつけています。地方のハーフマラソンに旅行がてらに参加したいけれど、妻の真希さんや小学生の長男、雄介くんを置いて一人で遠出するのは気が引けるなぁ…。

そんなときに近鉄の駅でパンフレットを見つけたのが「志摩ロードパーティハーフマラソン2018」でした。親子で参加できる種目もあり伊勢志摩の観光地も巡れるし、イセエビもおいしいよ、と真希さんに話したところ、「伊勢神宮に久々に行きたいなぁ。遷宮の年以来だよね」と乗り気になってくれました。さっそく、ゴールデンウィーク前の家族旅行を兼ねてエントリーしたのです。

”なぶら”ステージの名物「恵利原の早餅つき」
いざ、伊勢志摩へ! 大阪から近鉄電車を利用して前日の土曜の午前中に出発。真希さんの希望通り、お昼に伊勢神宮を参拝。おかげ横丁でインスタ映えする写真を撮ったり、境内の厳粛な空気に心を浄められたり、地元銘菓に舌鼓を打ったりと楽しみました。

近鉄鵜方駅からバスで志摩スペイン村に着いたのは、午後3時過ぎ。前日受付を澄ましているうちに、太鼓の音が聞こえてきました。地元の芸能でランナーを歓迎する前夜祭"なぶら"ステージ(※1)だ。餅つきのスピードがどんどん速くなる「恵利原の早餅つき」には雄介くんも参加。つきあがった餅も振る舞われ、雄介君が生まれて初めてついた餅を親子三人で味わいました。
”なぶら”ステージの名物「恵利原の早餅つき」
  1. "なぶら"ステージ
    メイン会場の志摩スペイン村バス駐車場で前日午後3時30分から、地元の芸能や食が楽しめるステージを予定しています。参加者受け付けも同日午後2時30分~5時に行います。

まるでジェットコースター! ハーフマラソン

高低差100mを駆け下り、駆け上るハーフマラソンのコース
おトクな宿泊プランも活用! お宿は、志摩市観光協会の参加者向け宿泊プラン(※2)を利用して予約。おいしいものに目がない雄一さんのたっての希望で、イセエビや旬の食材を使った夕食に舌鼓を打ちました。ホテルからは翌朝、ロードパーティの会場まで送迎してくれたり、荷物をレース後まで預かってくれるサービスもありました。朝は送迎バスで会場へ。同じホテルに泊まり合わせた参加者とも意気投合し、朝からテンションが上がります。

高低差100メートル!絶景を走るハーフマラソン! 雄一さんが参加したハーフマラソンは、パールロードという山中の自動車専用道をこの日だけ車を通行止めにして走ります。途中、100mの坂を一気に駆け下り、すぐ駆け上るジェットコースター顔負けの難所もありましたが、高い橋の上からリアス式の海岸美を見下ろしたり、海岸沿いで潮風に吹かれながら走ったりする楽しいコースです。沿道の住民や、給水所のボランティア(※3)の子供たちにも応援され、21.0975kmを約2時間半かけて走りきりました。
  1. 参加者向け宿泊プラン
    1泊2食付き大人1人8000円~、1泊朝食付き同5000円~。駅~宿~会場の間の送迎無料(一部宿泊施設除く)。また、大会終了後までの荷物お預かりや大会後に汗を流せる入浴サービスを提供する宿泊施設も。詳しくは志摩市観光協会ホームページ(http://www.kanko-shima.com/)。
  2. ボランティア
    大会には市民約1000人がボランティアとして参加しています。受付、沿道の安全管理、給水のほか、和太鼓演奏でランナーを励ましたり、ゴール前の約1kmを併走するキッズランナーも。

志摩スペイン村でも遊ぼう!

志摩スペイン村のストリートミュージカル「バレイ・デル・カピタン ~ダンス・フェスティバルの主役はキミだ!~」©S.S.V
パルケエスパーニャでも遊べる! 雄一さんが坂道で汗だくになっているころ、真希さんと雄介くんは参加特典を使って志摩スペイン村パルケ・エスパーニャ(※4)の園内で遊んでいました。スペイン人ストリートミュージカルやフラメンコショー、そして昨年登場したばかりのスチームコースター「アイアンブル」など、見どころがいっぱい。あっという間に時間が過ぎて、自分たちのスタート時間が迫ってきました。

パルケパーティランで楽しく走る! 2人が参加するのは、午後に開催される「パルケパーティラン」。志摩スペイン村の園内を含む約3㌔を走る種目ですが、アニメのキャラクターなどの仮装をする参加者も多く、志摩スペイン村の非日常風景に、愉快な仮装ランナーは絶妙に溶け込み、スポーツというよりはお祭り気分で楽しむことができました。
志摩スペイン村のストリートミュージカル「バレイ・デル・カピタン ~ダンス・フェスティバルの主役はキミだ!~」©S.S.V
伊勢志摩物産市では、カキなど特産品が販売される。
ご当地グルメも満喫! 入れ違いでゴールしていた雄一さんは、メイン会場の「伊勢志摩物産市」でご当地グルメを食べ比べ。カツオの漬けを豪快に使った「てこね寿司」、柔らかくもちもちした食感が特徴的な「伊勢うどん」、特産のカキなどをビール片手に楽しみながら、ゴールで妻と息子を出迎えました。笑顔いっぱいで走り寄る息子の顔に、一緒に来てよかったな、と 走り終えた3人は、伊勢志摩温泉 志摩スペイン村「ひまわりの湯」で汗を流した後、近鉄電車で大阪への帰路につきます。さすがに疲れがたまたのか、電車の中では、あっという間に眠りについてしまいました。夢の中で、伊勢志摩の楽しい思い出にひたったのでした。
  1. 志摩スペイン村パルケ・エスパーニャ
    情熱の国スペインを題材にしたテーマパーク。ロードパーティ参加者は大会前日と当日、園内で遊べる特典があります(同行者含む5人まで、当日引換が必要です)。

食べる!遊ぶ!走る!

あなたも春の伊勢志摩を満喫しませんか?

太陽輝く春4月は、志摩の自然が生き生きと動き出すとき。グルメ・レジャー・スポーツ、志摩ロードパーティはマラソンだけではなく、春の伊勢志摩を堪能し尽くすのにピッタリの大会です。 パールロードの高低差や、沿道住民の温かい声援、そして志摩スペイン村の愉快なキャラクター達も、みなさんをお待ちしています。

エントリー締切は2018年3月5日(月)まで!
あなたも家族・友人と春の伊勢志摩を満喫しませんか?